【2020年10月15日】台湾工作机械情报

  • 台湾日本関系协会科学技术交流委员会は「アフターコロナの时代における~日台リーン・スマート・モノづくり戦略セミナー」を开催(2020月11月5日)

新型コロナウイルスの蔓延は、グローバル・サプライチェーンの切断のリスクを高め、世界の経済発展に影响を与えています。さらに、人々の生活や仕事のパターンを変え、デジタルテクノロジーの适用と开発をさらに加速させました。世界の経済成长に対する新型コロナウイルスの蔓延の影响に直面している台湾と日本の産业は、デジタル技术を适用サプライチェーンの再编に适用させて、産业の回復力を强化する方法を考えるだけでなく、「リーン・スマート・モノづくり戦略」を推进する必要があります。新しい顾客価値を创造し、运用上の困难を克服します。新型コロナウイルス感染が収束した后の时代に対応する台湾と日本の産业における「スマート・モノづくり」と「デジタル・トランスフォーメーション」の発展の方向性を探るために、本セミナーは、日本と台湾ものづくり研究の第一人者:藤本隆宏教授(21世纪COE) v.s. 刘仁教授(産学连盟PLUS)、およびデジタル・トランスフォーメーションの推进に取り组む日系企业を招待し、サプライチェーン再构筑戦略、デジタルイノベーション开発モデルに関连する议论を行い、コンセンサスが醸成されることにより、台湾と日本のスマート・マニュファクチャリングの共创と発展が促进されることになります。(DMより引用)

台湾工作机械情报10月

发佈留言

发佈留言必须填写的电子邮件地址不会公开。必填栏位标示为*